育毛剤の仕組みについて

髪の毛には毛の部分と、その根である毛根の部分があります。髪の毛が成長するためには毛根に対して栄養や酸素がきちんと行き渡ることが必要です。また、毛根の周りの環境が悪ければ毛がきちんと成長しなかったり、すぐに抜けてしまいます。つまり髪の毛が成長するためには、毛根に栄養と酸素を行き渡りやすくするのと同時に、頭皮環境を整える必要があります。

育毛剤は、頭皮環境を整えたり栄養を与えるなど様々な作用があり、それによって髪の毛の成長を促していくことができます。

ただし、育毛剤には幾つかタイプがあり、自分の薄毛のタイプに合わせて選んでいかなければ効果はあまり期待できないため注意が必要です。

自分の悩みに合わせた育毛剤選びをしていくことが、髪の毛の育毛につながります。

育毛剤の選び方について

育毛剤にはいろいろなタイプがあるため、自分の悩みに合わせて選んでいくことが大切です。

育毛で最も重要な部分である毛根に栄養と酸素を行き渡りやすくするのが、血行促進タイプになります。血管を拡張することで血行を良くして栄養などを行き渡らせ、髪の毛の発毛や育毛を促します。ミノキシジルやセンブリエキス、ビタミンEなどがあります。

栄養を与えるタイプは、毛根に必要な栄養を与えることで育毛して、抜け毛を減らしヘアサイクルを整えます。亜鉛やイノシトールなどが有効です。

保湿するのも重要です。頭皮の乾燥を防いだり硬くなることを防ぎます。アロエエキスやイチョウ葉エキスなどが効果的だとされています。

その他にもいろいろありますが、自分の体質に合ったものを選ぶことでトラブルなく育毛することが可能です。

年齢を重ねると、薄毛が気になる女性も増えてきます。現在は女性の育毛剤もたくさんの種類があり、有効成分や使用感も様々です。