薄毛対策はどうすればいいの?育毛について

抜け毛を減らしたい、髪の毛を生やしたい、太い髪の毛を育てたいなど、正しい治療をするためには「増毛」「発毛」「育毛」の違いをしっかりと理解しなければいけません。まずは「育毛」です。育毛は髪の毛を育てるという意味があり、髪は生えてくるけど、「髪の毛を守って抜け毛を減らしたい」「細くて短い髪の毛を太く丈夫に育てたい」という悩みを抱えている方に育毛はおススメです。当然ですが、育毛するためには「発毛剤」ではなく、「育毛剤」を使いましょう。育毛がおススメな薄毛は「頭皮環境の悪化」や「栄養不良」です。頭皮が硬いということは、血液の循環が悪くなっている可能性があります。育毛では、頭皮環境の改善や、髪への栄養補給する必要があるでしょう。

発毛や増毛の違いについて

発毛は、すでに髪の毛が生えなくなった部分から髪を生やそうという目的があります。髪の毛が生えてこなくなる理由は「ヘアサイクルの終了」「頭皮の下で休眠」しているなどが考えられるでしょう。髪の毛が「死んでいなければ」、発毛剤により毛根に働きかけて、髪の毛を生やす機能を再生させることができます。髪の毛が休眠しているだけだったとしても、その期間が長いとそのまま死んでしまいかねないので、早めに対策しましょう。増毛は、「他人の髪の毛を使い、人工的に増やす」という意味があります。「かつら」とは仕様が若干違い、増毛は寝ている時やシャンプーする時もそのままつけていていいので、日常生活に支障がでません。「その日のうちに髪の毛を伸ばせる」、「イメージ通りに仕上がる」というのが増毛のメリットです。増毛は、育毛剤や治療薬との併用が可能なので、増毛で薄毛を隠しながら育毛することもできます。

スヴェンソンは毛髪のことでお悩みの方に、日常生活での我慢や特別なケアを必要としない増毛サービスを提供する企業です。