シミはどうやって予防できるの?

年々増えていくシミに悩まされたことはありませんか?その増えていくシミはどうしたら予防できるのでしょうか。シミができてしまう原因の一つに紫外線を浴びることで肌の中にある細胞が刺激されシミができてしまうということが挙げられます、そのため外出する際にはしっかり紫外線対策を行う必要があると考えられます。紫外線対策で一番有効的なものは日焼け止めであるかと思いますが、日焼け止めは書かれている数値が高い方がより効果的に紫外線からお肌を守ることができるようです。これからできるシミを増やさないためにも日焼け止めを塗ったり、UVカットの服を着て紫外線対策をすることはシミに効果的です。

できてしまったシミはどうしたらいい?

予防をしていてもできてしまうシミ。できてしまったシミにはスキンケアを見直し美白化粧品を使うことが有効的でありそうです。すぐに効果の出るようなものではないかもしれませんが、シミが消えるのに効果があると言われているビタミンC誘導体などの成分が含まれた化粧品を使うといいかもしれません。また化粧品を見直すだけでなく食べ物からもケアをすることはできるとされています。ビタミンC以外にもトマトに多く含まれるリコピンやレバーに多く含まれるビタミンB2などの成分も肌の調子を整えるのに効果のある食べ物ですので、日頃からこれらが含まれる食べ物を摂取しているとお肌に効果が出てくるかもしれません。
いかがだったでしょうか?今あるシミもこれからできてしまうかもしれないシミもしっかり対策をして、素肌美人を目指してみてはどうでしょうか?

シミは、皮膚内で作られるメラニンという色素が沈着したものです。紫外線からできる日光黒子(老人性色素斑)や、ホルモンバランスの乱れなどによる肝斑というものもあります。