体毛の除去に伴う肌へのダメージについて

体毛を人為的に取り除く脱毛処理は見栄えの良さを保つ目的で行われます。無駄毛が多いと汗や垢などの汚れがこびり付き、不潔な状態になってしまうのも脱毛が広く普及している理由の一つですが、方法を誤ると肌を傷つけてしまうので注意が必要です。

脱毛は大別すると表皮から露出している無駄毛を除去する方法と、毛穴の内部にある毛根ごと除去する方法があります。いずれの方法も肌に強い刺激をもたらすので、頻繁に繰り返すと肌の角質化や色素沈着などの不具合に見舞われる可能性があります。市販の脱毛グッズの中には痛みを緩和させる効果を謳う物もありますが、肌に微小な傷を作ってダメージを蓄積させる点は他の脱毛方法と変わらないので注意が必要です。

肌を労わる無駄毛処理とスキンケアを正しく行う方法

無駄毛を取り除く脱毛で肌を傷つけないためには事前の準備が重要です。予め肌を柔らかくしておくことで余計な刺激の発生を抑えることが出来ます。高温の蒸しタオルを使うなど、肌を柔らかくする行為は古くから行われていましたが、個人の体質によって最適な方法は異なります。近年では時間をかけずに肌を柔らかくする脱毛剤が市販されているので、上手に活用することで肌を労わりながら綺麗に無駄毛処理を実践することが可能です。脱毛を行った後のスキンケアも美肌を保つための工夫なので、保湿性が高く傷を保護する効果がある化粧水やクリームなどを使うことを心がけます。美容外科などの医療機関では患者の体質に最適な薬剤を処方してくれるので、綺麗でつやのある肌を保ちながら脱毛を行うのに最適です。

見た目にも、衛生的にも、やっぱりなんとかしたい。気になるけど他人には聞きづらいVIOの脱毛。脱毛サロンに相談するのがおすすめです。